車や生活との相性を考えて選ぶ

車や生活との相性を考えて選ぶ カーポートと言えば、大事な車を雨風から守ってくれたり、鳥のフンから守ってくれたりもする頼もしい存在ですが、さまざまなタイプが存在していますので、設置する時には注意が必要です。
例えば、積雪が激しい地域でカーポートを設置する場合には、耐積雪に注目した選び方をする必要があります。積雪別に商品が見られるようになっている場合もありますから、商品選びはしやすいものです。すべての人が共通して気にするべきことといえば、カーポートの大きさです。車1台分の大きさのものもあれば、2台とめられるものもあります。バイクを所有していて、それも一緒にとめておきたい場合には、それ相応の大きさがあるものを選ばなければなりません。もう1つのポイントとなるのが、屋根材の種類です。カーポートは、屋根材によって明るさが違いますし、体感温度も差が出てきます。商品によって結構差がありますので、生活スタイルとの相性を考えながらきちんと選ぶことが大切です。

カーポートに雨が差し込んでしまったとき

カーポートに雨が差し込んでしまったとき カーポートと呼ばれる、車に置くスペースに取り付ける屋根には欠点があります。基本的には設置することで天候が悪くても気にせず乗り降りが可能であり、またそれがあることで運転するときにいつでも気軽に利用できることがメリットではあります。しかし、屋根に溜まってしまった水滴は上手く流さないとこぼれてきてその結果濡れてしまうことになるなど大変な目にあうのが欠点です。また、台風が通過するときに屋根が飛んでしまう構造になっているのもデメリットです。
カーポートの屋根に水が溜まったときには、雨樋を取り付けることで上手く流しておく必要があります。その際、カーポートのタイプによって流し位置が異なる点を注意しておきましょう。ワイドタイプや両足支持タイプの場合は、カーポートの四つ角に柱が来るので道路側のほうにある左右2本の柱に縦樋を取り付けて排水させておくのが一般的です。片流れタイプと呼ばれる最も一般的に流通しているタイプの場合は、道路側の柱に1本縦樋を取り付けて排水させます。
ただ、駐車スペースの地面がコンクリートであれば道路側の柱に雨どいをつけるのが排水溝に流すのにベストですが土の場合は、必ずしも道路側に付けるのがベストともいえなくなります。その場合は、駐車スペースにあわせた縦樋の設置を考慮しなければなりません。